24オプションで取引が出来る時間はいつからいつまで?

24オプションでバイナリーオプションが取引できる時間は、平日であれば24時間可能です。

 

それは世界中にあり、時間差でオープンする外国為替市場を対象に取引をしているからです。例えば東京の外国為替市場が閉まっている、日本の夜の時間帯であっても、ニューヨークやロンドンの外国為替市場はオープンしていますので、そちらで取引をしていることになるのです。

 

しかし週末などで、すべての外国為替市場が閉まっている時間帯は、取引をすることができません。

 

対象によって時間帯が違う

そしてより細かく見ると、取引の対象銘柄によって、取引ができる時間帯が違います。米ドル/円、ユーロ/米ドルを始めとした通貨ペアのすべては、イギリス時間の月曜日から金曜日の午前5時?午後10時まで、日本時間で言えば午後2時?翌午前7時です。

 

そして24オプションは、通貨ペア以外にも、有名企業の株式や株価指数、商品先物を対象にした取引ができますが、これらはそれぞれ、対象の銘柄が取引されている市場が開いている時間帯になります。

 

例えば株式については、BP、バークレイズなどのイギリスの企業は、ロンドン証券取引所に上場しています。つまりこれらの銘柄のオプションを購入できるのは、日本時間の午後5時?翌午前1時30分となります。

 

他にGoogleやアップル、アマゾンやシティグループは、ニューヨーク証券取引所がオープンしている午後11時35分?翌午前5時35分、日本企業であるソニーや住友グループは、東京証券取引所がオープンしている時間、他にドイツやオーストラリア、イタリア、ロシアの企業がありますが、それぞれの市場が開いている時間の取引となります。株価指数や商品先物についても、考え方はすべて同じです。

 

日本時間で見ると夕方から翌朝になるので、一見取引がしにくそうですが、昼間仕事をしている会社員の人たちなどには、落ち着いて取り組むことができて、かえって好都合と言えるでしょう。

 

あまり広い情報は必要ない

バイナリーオプションは中には、期間が長い物もありますが、60セカンドを始めとして、比較的短い時間の取引が主流です。つまり対象銘柄に対する長期的なレートの動きの予想は必要なく、予想をするのに必要なことは、トレンドを掴むことが中心となります。

 

極端な例を挙げれば、ある会社の長期的な業績予想は必要なく、理由ははっきりしないけど、レートが上昇しているというのをタイミングよくつかむのが必要なのです。それは対象が為替ペアでも変わりません。その辺りは、FXや株式投資とは基本的に違うことは、覚えておきましょう。

24オプションの取引可能時間- 24オプションの評判と評価ナビ関連ページ

充実した取扱銘柄
3種類の取引
投資額
60セカンド
おすすめポイント
サービス